カテゴリー「日々のこと」の131件の記事

2017/03/24

ウレシカさんで九谷焼絵付けWS

17361882_10206625071465544_317481_2

先週、九谷焼絵付けワークショップ@ウレシカさんに参加してきた。
講師は、開催中の「ブローチちゃんとバッジくん ミュージアムへいく」にも参加されている九谷焼の伊藤由紀子さん。ほんと楽しかったなあ。出来上がりが楽しみ♪
それにしても隣の席だったヒグチユウコさんの描きあげるスピードすごかった。名久井直子さんにも久しぶりにお会いできてよかった。そしてニョロさんのブレなさぶりに刺激された〜(^o^) 夜の森川さんごはんの時も器がいつもより気になったり。
17342736_10206625071625548_33835367

17362604_10206625071705550_28482355

17424902_10206625071985557_25307500
釉薬で黒い線はすべて覆う!
17361685_10206625072545571_10504261
若い九谷焼の作家さんの器。

2017/01/04

明けましておめでとうございます

2017tori_3

あっ!っというまに1月4日ですね…恐ろしいです。
友人と新年会をしていて、「時間が経つのが早すぎる…」と身を震わせました。
というわけで、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

C1ek5bcuaaajumc

お正月は恒例の森川宅で、森川さんとメンマとお兄ちゃんで年越しをしました。
メンマは、ずいぶんと大きくなりました。上腕で走り回っています。
育て始めた時は、本当にとっても大変だったと思います。
でも彼は時折ブーブー言いつつも、愛情深く面倒を見ていました。
惚れ直した(笑)
うちのまだちゃんも今年15歳。
友人内藤礼の猫は、今年16歳。
みんな元気に長生きしてね。

Mada

私は動物たちが本当に好きです。
生きている姿に感動し、尊敬します。
その気持ちを込めて作った絵本が、4月に出ます。
福音館のこどものとも0.1.2.の2017年5月号です。
2月は、猫イベントに少し出します。
今年も、動物たちのいる風景を作っていきたいです。

2016/01/24

誕生日でした

12509132_10204026797110309_237377_2  

1月20日は、誕生日でした。
お祝いの言葉をもらってうれしかったです。ありがとうございました!
今年は年賀状も間に合わずでしたが、いつもスロースターターな私なので、これからがんばっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします!

12548907_10204026797430317_750312_2

20日は、家でおとなしく誕生日。母と赤ワインを飲んだりケーキを食べたり。
今年は21日が本番?だった。 21日夜、楽しみにしていたMETAFIVEのデビューライブへGO! (^o^) 誕生日お祝いに行こうよー!と、パートナーと行ってきた。彼も幸宏さん好き。 平均年齢48歳越えの(笑)、驚異の新人バンドMETAFIAVE。 高橋幸宏さんを会長に、小山田くん、テイさん、ゴンドウさん、元電気グルーヴの砂原さん、LEO今井くんという錚々たる顔ぶれ。 アルバム発売前に見た「Don't Move」のかっこよさに一目惚れ。 もーメタメタかっこいいライブだった〜! 大大大満足。 小山田くんのギターカッティング、LEOくん幸宏さんのボーカル、幸宏さんのドラムソロ、ゴンドウさんの冴え渡る金管、テイさんのまわすところ、砂原さんのYMOマニアっぷり、生で見られて嬉しかった〜 METAFIVEの素晴らしいところは、みんなの良いところがうまく引き出されて噛み合って、それがスパーハイクオリティで、見ているだけでこちらもとっても嬉しくなってワクワクしちゃうところだと思う。だからメタメタかっこいー!そしてライブはアルバムよりも数倍かっこ良かったー!このライブ行かなかったら死ぬほど後悔だったな… それにしてもLEOくんは予想以上のサルっぷりw
とにかく、かっこいいオトナっていうのを見せていただきました!押忍!

「Don't Move」

と、大満足したあとはおなかが空いたので、たまたま見つけたキノコしゃぶしゃぶ屋さんへ。 シャブリを飲んで、キノコ尽くし〜!8種類のキノコ山盛り。

12495014_10204026798270338_23025510

念願のヤマブシタケとアミガサダケも食べることができました♪ 不思議な食感だった〜30種類のキノコとクコやらネギを煮出したブラックスープでしゃぶしゃぶ。わらびスティックやスープを練り込んだ麺も不思議な食感〜キノコだけだとカロリー無いので、鶏・牛・子羊のお肉と野菜やお豆腐もあった。デザートのマンゴープリンまで美味しくいただいたー 幸せ♡

12573926_10204026798550345_71628642

12509593_10204026798470343_86509324

12552625_10204026798870353_34653437

そして帰ってから、プレゼントに猫の神さまいただいたー!
TOPの写真です。
って招き猫なんですが。
すごい迫力顔の、九谷焼の招き猫。
日曜日に神楽坂の「猫の郵便局」で見ていたもので、私が「この猫すごーい!面白い顔ー!」と気に入っていたのを覚えていてくれたみたい。へへへ♪ ありがとう。(^o^)

12509030_10204026799670373_91383784

写真は彼の家の猫の背後に忍び寄る猫神さま(笑) うちのまだちゃんに見せたら、ビビって逃げた(笑) 招き猫は、眉毛が多ければ多いほど、霊力が強いらしい。この猫にはかなり期待♡

というわけで、とってもよいお誕生日だったのでした。
さあ、今年もがんばろー(^.^)

2016/01/23

寒中お見舞い

2006nenga_2


今年の年賀状です…
といっても、年賀状には間に合わなかったので(父が死にかけたおかげで!)、寒中お見舞いとしてしょぼしょぼお送りさせていただいております。
寒中見舞いは節分までらしいので、がんばって書かないと…汗。

父はおかげさまで、食欲も凄まじくお医者さんも驚く回復ぶりですが、病人であることには変わりないので気を抜けない日々です。
私は主に、母が倒れないようにするのが使命と言ったところ。
先日の自分の誕生日の日にも、嚥下が難しくて胃潰瘍もある父に「体に良くてお父さんが食べやすいものって、自分でも考えてみてね」と言ったら、「トンカツ、あんこ、牛肉」と言われたのでキレてしまいました(笑)それは違うやろー!単に食べたいものやろー!
反省という言葉が辞書に無く、今までに10回以上入院し、母を疲れさせる父は、困ったものです…自分の体のことを気にかけてあげて欲しい…

話が逸れてしまいましたが、パートナーが実家に戻った日にふらっと上野動物園に行ってゴリラを見てきたので、それを元に木版で作りました。
ゴリラのオスの成獣はシルバーバックと言って、背中の毛が銀色になり、筋肉もりもりでかっこいいのです。たくましさと賢さと優しさをお裾分けしてもらおうと、作った作品です。

2016/01/01

明けましておめでとうございます

Cxj8i7aukaeycxq

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は父が年末まで入院していたので、年賀状を出せるかどうか分からず、絵が間に合いませんでした…
元旦朝から、絵本ラフのことを考えています。
今年は、いまのところ個展2つとグループ展3つが決まっていますが、まずは1月の絵本ラフ締め切り!
がんばります。

初詣で鳩みくじを引いたら、あーわかってます、頑張りますよ〜と神さまに言いたくなる内容でしたw
でも「努力した分は報われるから心配は無用」だったから良し。
そして今年も富士山登りました!(鳩森神社のw)

世界が少しでも、多くの人に住み良い場所でありますように。
新しい年をみなさまが気持ち良く過ごせますように。

Cxnywpouqaakcv

Cxnywpouaaa6m4n

2015/12/31

トムズボックスのこと

1017625_1652710668329449_4689706280

12月28日、吉祥寺の絵本屋さんトムズボックスが22年8ヶ月で、閉じた。

8月の終わりに、トムズボックスが閉店すると知ったとき、びっくりした。
それと同時に、「私はなにをやっていたのか」とものすごい後悔の念を覚えた。
私は何でもやるのが遅い。

私は20代半ばに2年ちょっと(ヨーロッパに長期で行く仕事で途中で断念)、あとさき塾(土井さんと編集者で装丁家の小野明さんが主催)に通っていた。その時には絵本を形にすることは出来なかった。
そのあとは時たまトムズボックスに行ったりしたが、なんだか土井さんに会わせる顔がなくて、土井さんのいない時に行ったりした。
10年前から版画を作り出し猫野ぺすかを名乗るようになって、2010年に福音館さんの「こどものとも」の1冊として、初絵本を出すことが出来た。その時に会いにいけば良かったのだけれど、行かなかった。だから土井さんは「猫野ぺすか」が私だとは知らなかったと思うのだけれども、「トムズで『こひつじ とことこ』買いました」という方がいたので、置いてくれていたんだなと知った。

そしてボローニャ国際絵本原画展に入賞したあと、友人をトムズボックスに案内したら土井さんがいらしたので、緊張しながら「お久しぶりです」とご挨拶をした。土井さんは、私のことなど忘れているだろうと思ったのだけれど、名乗るとフルネームで覚えていてくれた。それで「前はもっと丸かったな」と言うので、「若かったですからね(笑)」と答えた。
それで、今は木版メインで版画を作っていること、猫野ぺすかという名前でやっていること、絵本を5冊ほど出せたことなどを話した。ポストカードを持っていたので「こういう木版なんです」と見せたら、「木版かーめんどうくせえことやってんな!(笑)」と言われたのだった。ははは。

そしてその時帰り際、土井さんが「なんか絵本出る予定ある?展示してよ」と言ってくれたのだ。とてもうれしくて、「ありがとうございます!」と言って帰ってきたのだった。その時は、「ちいさいきのいす」が終わったところだったのだけれど、月刊絵本じゃないやつを出す時に、という話だったので、ああがんばらないとと思いながら、いつの間にか月日が過ぎていた。

そして、「トムズボックスを閉めます」である。
だから、「私はなにをやっていたのか」なのである。
もうなんていうか、自分にがっかりした。
ショックを受けたまま、どいかやさんの展示をトムズボックスに見に行った。
行ったら正面に土井さんが座っていて、「まあ飲め」とワインをついでくれた。
かやさんはかなりの枚数を描いて展示していた。すごい。えらい。
それに較べて私は…
でも嬉しいこともあった。
8月に一緒に2人展をした写真家の白石ちえこさんとばったり会ったのだけれども、その瞬間、ちえこさんの手には「ちいさいきのいす」があったのだ。
「わー!ちょうどぺすかさんの話をしていたとこ!」と言いながら、連れの方のほうに「この人がいま話していたぺすかさん」と振り向くちえこさん。
なんという偶然。ちえこさんに会えたのも嬉しかったし、トムズボックスに「ちいさいきのいす」が置かれていたのも嬉しかった。しかも笹倉さんが目立つところに置いてくれていた。

そして今月、25日と28日、2回もトムズボックスに行ってしまった。
25日は長さんの展示をゆっくり見たかったのと、約束していたワインを土井さんに渡すため。
最終日はとっても混むだろうから、人の多いところがちょっと苦手な私は行こうかどうしようか迷っていた。でも土井さんが25日の帰り際に「最終日、飯野さんも来て、本にサインして売ってくれるっていうんだよ」と言う。それに28日になったら、そわそわして、行かずにおれない気持ちになってしまった。
会場で会ったかやさんも、「来ようか迷ったんだけど、やっぱり来ちゃった」と言っていた。
行ってよかった。
本当にそう思う。
最終日、 店内に「カオス・シチリア物語」(タヴィアーニ兄弟監督)の曲が流れていた。うわー!嬉しくて飯野さんに言うと、「そうなんだよ、いいよねー」と。「飯野さんがいるというのでシチリアワインを持ってきましたよ」と言うと喜んでくださって、さっそく乾杯。7月にビリケンギャラリーさんで「カオス・シチリア物語」の話をさんざんしたのであった。

最終日のトムズボックスには、本当にたくさんの人たちが集っていて、悲しさが少し混じった楽しさで満ちていた。
いろんな人に会えた。
すごい人たちがたくさんいた。
その中で、来年は本当にがんばらなきゃいけない、じっくりがんばらなきゃいけないという思いをさらに強くした。
編集者の広松さんが「そうですよ、僕もぺすかさんのじっくり作った作品が好きなんですよ」と言ってくださった。

トムズボックスが閉じるということは、私に喝!を入れてくれたと思う。
何でもやるのが遅い私だが、テンポを上げなくては。
土井さん、22年8ヶ月、ありがとうございました!
また、次の場所で。
(西荻にとても高飛車な古本屋を作るらしい。笑)

1909910_1652710674996115_4102611717

944375_1652710751662774_41973624511

Cxuygcmuwaag20h

2015/04/03

今年のお花見

1509864_10202700023981810_6893749_2

朝6時過ぎに締め切りをクリアしたので、ちょっと寝てから午後、お花見に行ってきました。
お天気もよく、ちょうど満開!
桜以外の花も咲いていて、春爛漫を堪能してきました。
ああ、気持ちよかった。
そのあとは桜蕎麦に飛露喜♪

10906043_10202700024621826_45965456

10613158_10202700024261817_73848676

11010539_10202700025341844_50438538

11037002_10202700025941859_25672543

11026092_10202700025541849_78947817

11094720_10202700026141864_29695718

2015/01/23

誕生日でした

10914747_10202345787966131_56857602

1月20日は、私の誕生日でした。
昼からシャンパン♪
フェリーニ、デビット・リンチと一緒!w(しつこいw)
たくさんのお祝いメッセージもうれしかった!
ありがとうございました。(o^-^o)

昔、この日に生まれたんだなあ。
このいろんなことが起こる世の中で、よく生きて来れたなと思います。
とろいのに(笑)
今年の目標は、「人に優しく、自分に厳しく」。
あと、相手を尊重するということです。
最近、「相手を尊重する」という意識が重要だと、特に強く思います。自分の主張には相手への尊重が伴わないと。そうすればもっと人間もましになると思うのに。表現の自由とは、相手を傷つけてもいいということではありません。

それから、がんばって作らなければならない作品がいくつかあるので、 それをがんばりたいと思います! とりあえず、誕生日の次の日は動物園に行ってきました。超寒かったです…

誕生日ごはんは、森川さんが予約してくれてたモンゴル料理でした〜♪(^。^) 羊らぶ!チャンスンマハ、岩塩で茹でた羊は、なぜこんなに美味しいのでしょう。そして、なんとお店のお姉さんが(演奏家が本業らしい)馬頭琴の演奏をしてくれました〜(≧∇≦) 今日誕生日なんですと言ったら、最後はバースデーソングまで馬頭琴で。 うれしかった…(ToT)
そんなこんなで、良いお誕生日でした。

10885029_10202347355685323_70631708

10896873_10202347357845377_294194_2

10429856_10202347356205336_55726889

10943696_10202347357325364_75535620

10011495_10202347358325389_64821463

2015/01/04

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年は、ボローニャ国際絵本原画展に入選のうれしいお知らせから始まり、絵本「はるがくれたハンカチ」と「ちいさなきのいす」の2冊が出て、アンソロジー絵本も2冊参加、個展・グループ展合わせて12の展示があり(ただいまも鹿児島の長島美術館で開催中!)、久しぶりのイタリアや、関西や能登に旅行し、あっという間の1年でした。
今年は少しじっくり、作品を作りたいなと思っております。
目標は、文も自作の絵本かな〜!
がんばります。

年越し、お正月は、いつものように森川宅でふたりのんびりだらだらと。
杉並の須賀神社、熊野神社、井草八幡宮に初詣し、帰って年越し蕎麦。
元旦は2人でうちの実家に顔を出し、そのあと大国魂神社へ。
今年の元旦は、寒かったですね〜!
2日には初ラーメンw
ああ仕事しなくてはなあと思いながら、3日に年賀状を書き始め、夜は内藤さんと新年会。
今年も、こんな風に過ぎてゆくのでしょうね〜 (^.^;)

B6lbww4cyae0dhhjpglarge Image
B6nambpccaay62xjpglarge B6mbvcwcaaacjt2jpglarge_2
Osechi1_2 B6rxt8sceaikhk_jpglarge
B6qcuwfceaigb2x B6qcuwacyaafypk
B6vagtlccaeipje B6vagtzcqaamuqw
B6valsycqaamxy7 10685467_10202222530324767_30174216

2014/03/12

あれから3年

丸3年か…早い。
でも、時間が止まってしまった人、進められない人、ほんとにたくさんいる…
まだまだこれからだ。

あの日、私は「ぺんぎんちゃんのぼうし」の締め切り真っ最中だった。
ベランダから見えた地面がうねっていて、こんな地震は初めてだ、関東大震災がとうとう来たのかと思った。猫が一瞬私を振り返ってから、外に飛び出して行った。長い揺れの間、Macを押さえていたけれど、本の山から数冊落ちたのと、オウムガイの殻が落ちて欠けただけで済んだ。 揺れがおさまると、猫が申し訳無さそうに帰ってきた。

そのあとも、いろいろあったな… あの年は、津波の映像を見て原発事故が起きて、人ともぎくしゃくして、気持ちが落ち着かないまま作品を作らなきゃいけないのが辛かった。でも作らなかったらもっと辛かったに違いない。

次の年に「Where are we going?」という作品を作ったことで、初めて「ああ、やっと震災後の作品の1枚目ができた」と思えたのだった。そしてその次の年に、自分が本当に描きたいもの、やりたいことはなにかと改めて真剣に考えながら、「こどもの本」の表紙の作品を作った。 その作品がボローニャで認められたことは、本当にうれしい。 こうして考えてみると、あの震災の衝撃というものが、今年のボローニャへとつながっているのだ。

こうやって、あの震災は私の中でも生きているのだな。

Penguin6blackegg


より以前の記事一覧

フォト

caution

  • Copyright (C) Pesca Nekono All Right Reserved このブログの画像・デザイン・作品の複写、転用、転売、転載、模倣、盗用を固く禁止します。 このブログの画像や図案は特に記載のないもの以外はフリー素材やフリー図案ではありません。 使用はご遠慮ください。
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

無料ブログはココログ