« カフェ巡りin佐久島 | トップページ | 佐久島のカフェ巡りスタンプラリー »

2017/03/16

「井上洋介没後1周年大誕生会」と気仙沼

C6yrhfpu8aalt3r

先週、トムズボックスの土井さんが企画した井上洋介展に行ってきた。
もう、圧倒された。
凄まじい絵に周りを全部囲まれて、濃密な空気を吸ってきた。
絵本になっている絵と違うタブロー群は、見ていると苦しくなるものが多かった。
井上さんはどうしてこんなにこういう絵を凄まじいエネルギーで描き続けたんだろう。
会場で流していた谷川俊太郎さんとの対談映像を見たら、少しだけ判るような気がした。戦争体験だ。
井上さんの中で、飢えた記憶、爆撃で穴が開いた記憶、死体ゴロゴロを見た記憶などは消えなかったんだ…

C6yrhfousaafxgr

Img_4115

でも井上さんの絵の中では、死者のような人間もエネルギッシュ。
生も死もない。
どれだけエネルギーが溢れていたのか、この「食事の最中に突然彫り出したちゃぶ台」を見るとわかると思う(笑)

Img_4121

この展示を見た2日後、森川さんと気仙沼に行った。
2年ぶりに訪れた気仙沼は、建物も増え、活気があった。

17191389_10206563615889193_71254112

巨大な防潮堤を作っている陸前高田は、未だに広大な工事現場のままの感じだった。
嵩上げ工事のために、山が3つ消えた…

17190963_10206568235204673_58382189

17201038_10206568655015168_66056473

気仙沼に戻り、その時間、安波山の上で黙祷をした。
友人たちの鎮魂演奏を聴いた。
地元の人が「毎年ありがとう」と言っていた。
少し雪が舞った。
「あの日も雪が降っててな、水かぶった後で寒さで死んだ人もいたよ…」
と、地元の方が呟いた。
私たちには気仙沼に行っても、地元の美味しいものをいただいて、
少し話を聞いて、いろいろお土産を買って、それくらいしかできないけれど、
被災者でもある知り合いが「地元の人には何よりなことですよ」と
行ってくれたので、少し力が抜けた。
鮫の心臓やホタテの生の卵巣や白子も初めて食べた!

17201285_10206569860565306_16766665

17200881_10206564932882117_43133803

17264104_10206564929882042_10696065

17191132_10206564932482107_96315704

井上洋介展と、気仙沼を訪れたことの共通点は、「忘れない」ということだと思った。
そういうことがあったことを、忘れないよ、
覚えているよ、覚えているよ。
何度でも語りかけるということ。
それは愛なんじゃないかなと思った。

17190799_10206569230069544_13561535

« カフェ巡りin佐久島 | トップページ | 佐久島のカフェ巡りスタンプラリー »

見に行った展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カフェ巡りin佐久島 | トップページ | 佐久島のカフェ巡りスタンプラリー »

フォト

caution

  • Copyright (C) Pesca Nekono All Right Reserved このブログの画像・デザイン・作品の複写、転用、転売、転載、模倣、盗用を固く禁止します。 このブログの画像や図案は特に記載のないもの以外はフリー素材やフリー図案ではありません。 使用はご遠慮ください。
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter

無料ブログはココログ